Once Again

化学超男子2 Mar 2011
Lyrics

 

梦は何度でも 光へと変わる

信じるままに 手を伸ばせばいい

これからはひとりじゃない

始まりを今始めよう 君と

Once Again - 化学超男子

词∶jam/川畑要

曲∶藤本和则

 

がむしゃらに过ごした日々

刻まれるページの

大切さにも 何一つ

気づけてはなかった

许される时间は増え

よけいなことまで

知りはじめては 见失い

梦からも远ざかっていた

君が仆の名前を呼ぶ

手探りの闇の中で

その声の 静かな强さ

仆に 光を投げてくれた

 

どんな远くても

走り続けてく

ひとつの空を

君と分け合って

仆はもう 仆のままで

いられると 分かったんだ

梦は何度でも

光へと変わる

信じるままに

手を伸ばせばいい

これからはひとりじゃない

始まりを今始めよう 君と

 

敌と味方のふたつに

世界を分けてた

臆病なのは 仆の方

君だけが 分かってたね

雨が降れば 濡れたらいい

そんな简単なことさ

もう一度 子供のように

両手 风に大きく広げ

探し続けてく

太阳のカケラ

心が强く

指を差す场所へ

影の无い光なんて

もう二度と 欲しがらない

人は何度でも

答えを见つける

真っすぐ强く

目を开けばいい

仆はもうひとりじゃない

ここから明日に近づいて ゆこう

寝惚けた目擦り家飞び出した

まだ眠る街を駆け出した

握りしめた 手のひらで

暴れるでっかい梦胸诘め込んだ

 

胜ち目の无いゲームでもいいさ

笑われようがなんともないさ

体駆け巡る热い思いが

自信で満ちあふれていた

窓に映る自分に

强くうなづきかけた

どんな远くても

走り続けてく

ひとつの空を

君と分け合って

仆はもう 仆のままで

いられると 分かったんだ

梦は何度でも

光へと変わる

信じるままに

掴み取ればいい

これからはひとりじゃない

始まりを今始めよう 君と

 

 

 

 

***Lyrics are from third-parties***

cover
00:0000:00
Play Queue

No songs added