Winding Road

SPYAIR2013年8月7日

歌詞

Winding Road (蜿蜒的路) - SPYAIR

作詞:MOMIKEN

作曲:UZ

昨日までの雨は 扉を開けたら消えていたんだ

「今行くよ」ってメールを打って

見上げた空に目を薄めた

スピード上げてく車の中

そういえば、あの日もこんな晴れだった

初めて一緒に歩いた日 君をずっと見ていた

 

この先なんて 分からないけど イマは…

瞬きもせずにお前を見ていたい

ねぇ、どんな表情を次はくれるの?

曲がりくねった道の上で

単純な理由だよ お前が愛しいんだ

ぶつかったとしても 深まっていけるよ

君と俺の前にあるWinding Road

言葉にできない ナニかな?

想い屆けるテレパシーみたいな

そんなんじゃないけど

握った手の感覚でなんとなく分かる

全てを知ろう とか

全部欲しがるわけじゃないけど

できれば 色んなアングルで

寄り添ってみたいな

海のような君をどれだけ渡れるかな?

 

この先なんて 分からないけど イマは…

瞬きもせずにお前と見ていたい

ねぇ、どんな風景を次は見ようか?

他愛ない話しもいいだろう

特別な事かな? お前と生きたいと思うのは

傷ついたとしても 分け合えるモノもあるよ

それが、君と俺のWinding Road

 

Ah 季節がまためぐる

春のサクラ

夏の海辺

秋の紅葉

冬の雪に染まるふたり

 

瞬きもせずに この先を一緒に見たい

ぶつかったとしても 深まっていけるよ

君と俺の前にあるWinding Road

 

そう 瞬きもせずに お前だけを見ていたい

君がいるから俺は俺でいれるよ

甘えとかそういうのじゃなくて

単純な理由だよ お前が愛しいんだ

歩幅をあわせて、つまずいたら抱き寄せて

君と俺が歩いていくWinding Road

 

おわり

 

***歌詞來自第三方***