November

濱崎步2010年12月22日
歌詞

夢見るあなたの

長いまつ毛きれいで

夜中見ていた

ひとりきり見ていた

誰もがひとり

一度の人生に

運命の相手が

必ずいるらしいよ

だけどね私達の

ほとんどは見つけられない

例えば目の前に居ても

気付けない

信じて傷つくのを

怖がっているそのうちに

 

通り過ぎて行くから

もしも私にもうひとつの翼が生えて

 

鳥のように自由に空をはばたけたなら

あなたの肩にそっと優しく舞い降りて

愛をささやきながら眠りにつきたい

夜風があなたの

少し長く伸びた

前髪ゆらして

暗い影つくった

誰もがひとり

一度の人生に

運命の相手が

必ずいるのなら

瞳の奧見つめて

何かを感じたときは

ぎゅっと握りしめたその手

はなさないで

失うことに慣れて

しまった人なんてきっと

どこにも居ないから

もしも私にもうひとつの翼が生えて

鳥のように自由に空をはばたけたなら

あなたの肩にそっと優しく舞い降りて

こらえきれなかった涙をぬぐいたい

もしも私にもうひとつの翼が生えて

鳥のように自由に空をはばたけたとしたなら

の翼のどちらもあなたへ捧げたい

あなたが好きな所へ飛んで行けるように

 

 

 

 

***歌詞來自第三方***

cover
00.0000:00
播放列表

未有加入歌曲