收聽FantasticYouth的CollapseSalvation歌詞歌曲

CollapseSalvation

FantasticYouth2021年2月17日

CollapseSalvation 歌詞

決壊SALVATION - FantasticYouth

詞:Onyu

曲:LowFat

小さな少年がいた

差し出された手を振り払い

人立ちを抜けて一人

意地で塗り込めた壁の內で

蹲ってただ息衝く日々だ

少年の肩を叩く

振り返ったのは

紛れもなく僕だった 僕だった

 

少年と僕 僕と少年

どうしようもなく叫んだ

吊るされた糸たどって

寂寞の牢獄の外へ

少年と僕

どちらからともなく叫んだ

今すぐに連れ出してよ

蝕まれてく身と心

救いをずっと待ってたんだ

少年と僕

聲にならない聲で叫んだ

自らが創り上げた

がんじがらめの孤獨が

僕たちを殺してしまったと

ずっとずっと気づいていたんだ

二人の聲が重なった

 

小さな少年がいた 足元をみれば

覚えのない枷

知らぬ間に邪魔をする

自らを守る為だった壁は今

押しつぶされそうなほどに迫る

少年は 俯いたまま

震えている その背中は

僕だった 僕だった

少年と僕 僕と少年

どうしようもなく叫んだ

無味無臭で色の無い

音も聞こえぬ世界の中で

少年と僕

どちらからともなく叫んだ

信じられるものなどない

それでも僕ら都合よく救いを

ずっと待ってたんだ

少年と僕

聲にならない聲で叫んだ

気づかないふりして

生き抜く術はすべからく

僕たちを沈めてしまったと

ずっとずっと溺れていたんだ

二人の息が重なった

 

小さな少年は知った

時間は無力だと

出口もない籠に 自ら閉じ込めた

賽の河原でずっと

積み上げてきたもの

全て壊してきた

最後に壊すのは僕だ

少年と僕 僕と少年

どうしようもなく叫んだ

 

少年と僕 僕と少年

どうしようもなく叫んだ

吊るされた糸たどって

寂寞の牢獄の外へ

少年と僕

どちらからともなく叫んだ

今すぐに連れ出してよ

蝕まれてく身と心

救いをずっと待ってたんだ

少年と僕

聲にならない聲で叫んだ

自らが創り上げた

がんじがらめの孤獨が

僕たちを殺してしまったと

ずっとずっと気づいていたんだ

 

二人の聲が重なった

CollapseSalvation 的評論 (1)

Bacon
Bacon

⊙▽⊙