Shiroitoiki

LiSA(日本)2013年4月3日
歌詞

シロイトイキ - LiSA (織部裏沙)

作詞:LiSA

作曲:やしきん

編曲:akkin、本間將人

 

たった一秒が不安で

星を指で數えた

幸せはそっと夜空を

埋めて魅せるのに

月明かり映した

背の高い黒い影に

飲み込まれそうで

吸い込むため息

恐くない

あの日響いた

ゆずれない寶物が

形のない 保証のない

幻想だったとしても

白い吐息が

明日のお日様にも

笑いかけられるような

歌になれたらいいのになぁ

 

鳴らした指は ぱちんと

音をたてては消えた

じんわり今も確かに

痛みを殘して

イタズラに流れる

季節は無関心に

次々と未來 運んで來るから

止まってられないよ

流れ星にさ

願いをかけて

今日も歩いてく 帰り道

ペガスス探しながら

白い吐息を

集めて雲作ったら

大聲で泣けるような

嵐も呼んでくれるかな?

雪が溶けてやがて花が咲く頃

ココロ空っぽになった

気がするけど

一つ一つ感じて來た

幸せは空に増えてくだけ

傍に無くても

時を超えて 輝くから

 

あの日響いた

ゆずれない寶物が

形のない 保証のない

幻想だったとしても

シロイトイキが

いつしか誰かの手を

温めてくれるような

歌になれたらいい

命がここにある今は

また、信じてたいから

 

おわり

 

***歌詞來自第三方***

cover
00.0000:00
播放列表

未有加入歌曲