Natsukusani Kimiwo Omou

Aimer2016年8月17日
Lyrics

夏草に君を想う (望着夏草想念你) - Aimer (エメ)

詞:aimerrhythm

曲:百田留衣

教室をすぐ飛び出した

 

揺れるリボン

日差しのほうへ

 

ほどけた靴紐

結びなおして

 

午後のハレーションすり抜けた

 

全てを焼き付ける様に

僕らは瞬きも忘れてた

 

そばにいるよ

笑っていたいよ

 

夏草は

季節の音をまとった

そんな瞬間を

抱きしめていたよ

駆け下りた阪道で

 

追い越した南風

 

丘の向こう

芝生の上で

 

終わりのない話をしたね

 

おどけた顔で

日が暮れるまで

 

幼い夢を並べてた

 

全てを見逃さない様に

僕らは明日すら忘れてた

 

出會えた事

空が青い事

ありふれた奇跡の數を數えた

白いシャツが

汗ばんだとしても

二人乗り

自転車で

探してたんだ

 

過ぎた月日の中で

景色は変わったけれど

懐かしい音が耳かすめ

あとどれくらい

歌ったら

君に屆くのかなって

君がいないよ

いないよ

いないよ

 

そばにいると

笑ってたけど

夏草は

涙の色をまとった

そんな瞬間を

抱きしめたはずと

思い出す青い鼓動

 

あと少しだけ眠ろう

それはまだ夏の夢

 

***歌詞來自第三方***

cover
00.0000:00
Play Queue

No songs added