Lilac Ga Chittemo

Rurutia2005年3月2日

歌詞

リラが散っても

なだらかな阪道 青い空へ伸びて

リラの花 揺らして風が過ぎてく

 

靜かに蘇る 懐かしさに胸が鳴った

 

最後に君に手を振ったこの場所

 

あの時 僕は振り向く事が出來くなて

 

隠していた扉を君が開いてくれた

春色に輝く光が見えた

 

少しずつ消えていった君の聲が

 

耳に殘る

 

最後に君に手を振ったこの場所

 

あれから 僕は少し大人になったよ

 

幼いきらめきが今も

 

僕を支えてくれるよ

 

忘れない 苦くて愛しいあの頃

 

ここから僕は歩き始めた

 

最後に君に手を振ったこの場所

 

あれから 僕は少し大人になったよ

 

 

 

 

***歌詞來自第三方***