請登入

Seishun Datshutsu Sokudo

神様、僕は気づいてしまった2018年10月17日

歌詞

青春脱出速度 - 神様、僕は気づいてしまった

詞:Heito Higashino

曲:Heito Higashino

変わりたいと思っていた

片生いの晴嵐だった

白南風を追い越すくらいの

夏に加速した

明日を目掛け発射した

ちゃちな僕等を乗せた青春は

今どこらへんを

漂っているんだろう

涼しげな花が咲いて

同じだけ夢を知った

不確かでいいその引力に飛び込め

あの日の僕らはあの日の僕らは

寶の地図さえ

要らないと思っていた

心臓を描いてその音を聞いた

唯一の財寶がそこにあったんだ

それなら僕らはそれなら僕らは

どうして今日という

軌道を描けなかったんだ

未完成な高度不完全なスピード

炎天の重力に

青春の聲は立ち消えた

消えた

今はもう

変われないと知っている

羣像劇は終わった

空蟬のようにがらんどうな毎日だ

まるで蜃気樓だった

夏の続きを乗せた青春は

今どこらへんを

漂っているんだろう

向日葵みたいにずっと

日が沈むのを見ていた

さも嘗ての有様を見るようだ

あの日の僕らはあの日の僕らは

終わりはここじゃないんだと

思っていた

心臓を燃やしてひたすらに飛んで

目にした光景は確かに綺麗だった

それでも僕らはそれでも僕らは

あれほど愛した世界を

描けなかったんだ

優柔不斷な弾道表面上の最期

そうやっていつだって

逃避していたんだった

あの日の僕らはあの日の僕らは

この火が晩夏に

途絶えるだなんて

思っちゃいなかった

硬直したプライド

操縦不能のパイロット

終幕に散っていく

線香花火のように

炎天の重力に

青春の聲は立ち消えた

消えた

消えた

消えた

 

***歌詞來自第三方***