請登入

Tegami

Fujifabric2019年8月28日

歌詞

手紙 - フジファブリック (富士纖維)

詞:山內総一郎

曲:山內総一郎

元気でやってますか

笑えてますか

思えば遠く

ふるさとの人たち

変わらない街はもう

日焼けする頃

太陽みたいな

君にまた會えます

通り雨ふざけあう帰り道

今でも覚えていますか

さよならさえも

言えずに時は過ぎるけど

夢と紡いだ音は忘れはしないよ

もう何年も

切れたままになった弦を

張り替えたら君ともまた

歌えそうな夕暮れ

上手くいかない時は

君ならどうする

弱いぼくらは一體どうする

百萬回も生きた貓のように

大切な人と

寄り添ってたいのさ

さよならだけが

人生だったとしても

部屋の匂いのように

いつか慣れていく

変わってくことは

誰の仕業でもないから

変わらない街でも

ずっと笑っていてほしい

何もかもがある街に住んで

一體何をなくしたんだろう

何もない部屋でひとりきり

情けない僕は涙こぼしてた

さよならだけが

人生だったとしても

きらめく夏の空に君を探しては

ただ話したいことが

溢れ出て來ます

離れた街でも

大事な友を見つけたよ

じゃれながら笑いながらも

同じ夢追いかけて

旅路はこれからも

ずっと続きそうな夕暮れ

 

***歌詞來自第三方***