Owari No Nai Uta

LiSA(日本)2012年2月22日
歌詞

終わりのない歌 - LiSA (織部裏沙)

詞:麻枝準

曲:麻枝準

ある日小さな村に旅する

 

吟遊詩人が訪れた

まだ若い少女で

旅も慣れてなかったけど

 

歌には自信がある

 

少女は村の中央にある広場に座り

リュートを弾き唄い始めた

でも誰ひとり出てこなかった

 

聞こえていないのか

 

悩んだ末に出てこないなら

無理矢理でも聞こえるようにと

 

雷鳴のように叫び唱った

それがみんなの心を震わせた

 

出てきた村人たちは

 

みんな不気味な形をしてた

少し恐かったけど

やがて打ち解けてた

 

歌を唄うたびに

 

「こんなわたしたちを見ても

 

逃げないとは大したもんだ」

そう言う杖つくお爺さんが

村長だった

 

事情を聞いてみた

 

昔愚かな青年が居て

國王の娘と戀をした

 

ふたりで駆け落ちを企てたけど

その途中で捕まってしまった

 

國王は冷たく言い放った

「こいつとその子孫にまで

及ぶ異形の呪いをかけて

野に捨てろと」

 

ある日みんなが言ってくれた

 

「あなたの歌には

不思議な力がある

曲がってた骨もこんな真っ直ぐに

 

もうすぐ治りそうだ」

 

毎日こうしてこの村で

 

歌を聴かせてあげれれば

呪いも解ける日が來る

そう思い始めてた

 

なんの迷いもなく

 

だけどその噂が広まり

騎士が馬に乗りやってきて

 

少女を連れ去って

城の深い牢獄に閉じこめた

 

國王が現れ

「その力は私のために使え」と言う

 

そんなのお斷りだ

「ならそこで

 

一生過ごすといい」と

告げ立ち去った

 

泣いてなんかいられない

 

ここからでも歌を唄おう

あの時も屆いたさあ始めよう

「終わりのない歌」を

 

長い長い時が過ぎた

 

村にもまた春が訪れ

子供たちは

輪になり伝承の歌を謡う

 

旅人が殘した

 

少女はまだ旅をしてた

もちろん大好きな歌を唄い

 

神様葉うのならあの村で

もう一度みんなに會いたい

もうこの世に

 

あたしはいないけれど

 

***歌詞來自第三方***

cover
00.0000:00
播放列表

未有加入歌曲