Chou No Mori

Rurutia2005年4月13日

歌詞

靜寂にたたずむ 使い捨てのビルの上には

琥珀の星明り 慰めるように流れていく

誰も振り返らない 灰色に染まる街

燃えて落ちるように 蝶が舞うよ

凍える羽を月に翳し 必死に震わす

安らかな場所を探しているの 蒼く儚い炎

焼けた砂の吹く 乾いた道 裸足の少女

砕けて散らばった 夢の粒を拾い集める

崩れ落ちた壁に 小さく刻まれてる

祈りの文字にも 砂が積もる

光と陰を飛び交いながら ひしめく蝶ノ森

もつれた羽音が空に響くよ 蒼く儚い炎

 

凍える羽を月に翳し 必死に震わす

安らかな場所を探しているの 蒼く儚い炎

 

 

 

 

***歌詞來自第三方***