請登入

Takoage

一青窈2010年4月21日

歌詞

凧揚げ - 一青窈 (ひととよう)

詞:一青窈

曲:小林武史

ひぐらしがカナカナ鳴く夏休み

 

うんと素敵な名前でよばれて

 

あなたに焦がれて

 

泣いていた事がまるで花火みたい

 

はしゃぎすぎて ごめんなさい

 

涙が出てしまったのは

 

いけないことなの

 

大人になれたの

 

しばらく今は此処にしゃがませて

 

なんでもないのに 忘れたいのに

胸につかえてたもの

 

今 飛ばそう 高くたかく

 

戀結びした凧が切れた時

 

私もいつか空に浮かんでいた

 

いいじゃない いいじゃない

この世で一番悲しい顔の自分でも

 

いいじゃない いいじゃない

もう少し経てば

きっと扉は開くよ

 

きっとそうだよ

 

オタマジャクシ掬いあげて

 

手も 足も出ない季節が

 

ふたりにあったね

 

優しくできたね

 

こうして空ばかりみては 好きで

 

あの頃の景色に二度と戻れない

 

昨日と同じ今日を捨てられたら

 

うまくいきますか

 

魔法結びした凧を揚げたら

 

地球が少し近くなっていた

會いにゆく 會いにゆく

破れた出逢いが

風にはらはら泣いても

 

會いにゆく I need you

この壁の向こうに

もう一人の私がきっといるから

 

おなじように you and I

 

おなじように we lost in

 

戀をしているだけ

伸びたり縮む時間

 

夜を越えたら

 

戀結びした凧が切れたから

 

思い出すの少し止めてしまった

 

會いにゆく I need you

 

どうしようもない位に

 

あなた 遠くなってもね

 

會いにゆく 會いにゆく

この壁の向こうに

もう一人の私がきっといるから

 

***歌詞來自第三方***