收聽SUPER BEAVER的Hitamuki歌詞歌曲

Hitamuki

SUPER BEAVER2022年10月2日

Hitamuki 歌詞

ひたむき - SUPER BEAVER (超級河狸)

詞:柳沢亮太

曲:柳沢亮太

編曲:SUPER BEAVER

 

自分は自分だからってのはさ

 

言い訳の そのための

決意じゃなかったろう

理想を茶化すと 決まって

眠れない夜になった

信じる人の そのためにある

「可能性」だ

どれだけ生き急いでも

明日はずっと明日で

どれだけ強く願っても

時に世界は無情だ

どれだけ愛を謳っても

悪意は未だ消え去ってない

どれだけ面と向きあっても

想いすれ違うかもしれない

じゃあ意味がないと嗤うかい

 

いや意志を持って笑いたい

 

何度も

心が叫んで

 

涙ぬぐっていく

もう一歩 あと一歩

間に合えって 繰り返す

ひたむきさが

希望を繋いでいく

意味はずっと

意志そのもの

いつだって今日が人生のピーク

超えていけ

踏み出す人の

真ん中にある 決意は未來だ

 

自分なんてとか

どうとか

恥ずかしいとか

おこがましいとか

自分なんてとか

どうとか

恥ずかしいとか

おこがましいとか

迷う理由は際限ない

悔やみたくないから慎重に

でも悔やんでしまうんだよ

迷いながらじゃ結局

結局

 

一生懸命 一生懸命に

ただ一歩 でも一歩

明日へ って繰り返す

信じることが

大前提ならば

これまでも

これからも ひたむきに

 

何度も

心よ叫んで 涙ぬぐってくれ

もう一歩 あと一歩

間に合えって 繰り返す

ひたむきさが 希望を繋いでいく

意味はずっと 意志そのもの

いつだって今日が人生のピーク

超えていけ

踏み出す人の 真ん中にある

 

決意は未來だ

 

いつだって今日が人生のピーク

 

どれだけ愛を謳っても

悪意は未だ消え去ってない

どれだけ面と向きあっても

想いすれ違うかもしれない

 

でも でも

 

自分は自分だからってのはさ

 

言い訳の そのための

 

決意じゃなかったろう