Listen to Kira Kira Train song with lyrics from いきものがかり

Kira Kira Train

いきものがかり7 Mar 2007

Kira Kira Train Lyrics

KIRA★KIRA★TRAIN - いきものがかり (生物股长)

词:生物股长

曲:生物股长

突然の雪は 君を无口にさせた 三回目の冬が 今终わる

 

TOKYOの空に 走り书きした梦を 追いかけて 仆は汽车に乘る

谁もいない 静かなホーム 不意に君が手を握り返した

“元气でね…” つぶやいた声に 默ってうなづいたよ

もう ベルは鸣り始めていた

さあ 最终列车に乘って 小さなカバンを抱えて

仆はこの故乡を出ていく さよなら さよなら

缲り返し手を振る君が だんだん小さくなっていく

大好きなその瞳に见えたよ きらきら きらきら

 

旅立つ あなた わかってたはずなのに この胸が 少しだけ痛む

ふたりの手 照らしてた 萤光灯の明かりが消えた

“もう行くね…” つぶやいたままで そっと笑ってくれた

もう ベルは鸣り始めていた

ねえ 最终列车に乘って 大きな梦だけ抱えて

あたしを忘れてしまうの さよなら さよなら

星が舞う街に旅立つ あなたの未来を祈るよ

大好きなその瞳に辉け きらきら きらきら

 

离れていくふたりを 时が追い越していく

 

その驿の向こう侧に 续いていく “ひとりきり”を 步いていく

 

最终列车に乘って 仆らは何かを失くして

わずかな勇气を手にした さよなら さよなら

最终列车に乘って 右手に切符を握って

仆らは明日を生きていく さよなら さよなら

缲り返し手を振る先に 确かな言叶を伝うよ

大好きなその瞳に光るよ きらきら きらきら

 

***Lyrics are from third-parties***