Play Goodbye

amazarashi13 Feb 2019
Lyrics

さよならごっこ (《多罗罗》TV动画片尾曲) - amazarashi (アマザラシ)

詞:秋田ひろむ

曲:秋田ひろむ

憂鬱が風に散らばり

吹き溜まって影になる

僕らの足音は 無情を饒舌に諭す

君の瞳の深さを覗き見て狼狽える

望みなどあったでしょうか

この行き先には

戯けて笑うのはこの道が暗いから

灯りを灯すのに僕がいるでしょう

さよならごっこは慣れたもんさ

でも手を振ったら泣いちゃった

僕らの真っ赤な悲しみが

暮れる 暮れる そして夜が来る

当たり前にやってくる明日なら

生きたいなんて言わなかった

よせばいいのに夢見てしまう

未来 未来 君のせいなんだ

成し遂げねばならないこと

三日月にぶら下げて

さまよう夜道にすら

安堵は君の背に明るい

信じるには時間がいる

ましてや他人だから

それでも道が同じなら

離れる理由もない

全てが終わったら

分かち合うために

誰かがいるでしょう

僕がいるでしょう

さよならごっこは慣れたもんさ

でも手を振ったら泣いちゃった

僕らの真っ赤な悲しみが

暮れる 暮れる そして夜が来る

初めからそこにある愛情なら

確かめ合うことはなかった

急にもつれ合う縁だから

触れる 触れる 心の襟元

辛さなら背負えるから

痛みなら分け合えるから

でも君の宿命までは

肩代わりできなかった

別れは何度目でも

相変わらず悲しいから

別れるふりをするんだよ

さよならの遊びだよ

いつか必ず会えるって

自分をだます遊びだよ

いつか必ず会えるって

さよならごっこは慣れたもんさ

でも手を振ったら泣いちゃった

僕らの真っ赤な嘘だけが

濡れる 濡れる そして朝が来る

離れ離れになるってことは

一度は一つになれたかな

諦めと呼べば後ろめたい

宿命 宿命 そう君はよんだ

 

***Lyrics are from third-parties***

cover
00:0000:00
Play Queue

No songs added