Living Dead

amazarashi7 Nov 2018
Lyrics

リビングデッド (Living Dead) - amazarashi (アマザラシ)

词:Hiromu Akita

曲:Hiromu Akita

编曲:Yoshiaki Dewa

翻って誰しもが無罪では

いられぬ世に蔓延って

断罪をしあったって

白けてくるぜ

愛が去って空いた穴

塞ぐための巨大な偶像は

ここにはない

少なくとも僕の部屋には

もっと生きてえもう死にてえ

そんなんを繰り返してきて

リビングデッドリビングデッド

人生を無為に徘徊して

もう無理って飛び降りて

我関せずって面でいて

背負わずに生きれるなら

そうしなって

永遠なんて無いくせに

永遠なんて言葉を作って

無常さに咽び泣く我ら

後悔も弱さも涙も

声高に叫べば歌になった

涙枯れぬ人らよ歌え

過ちでしくじりで

石を投げるのは止めときなって

どうせいつか間違う

もう既に間違えてるんだし

隣人を愛せずとも

不幸にはならない時代にあって

分かり合うのは

そうそう簡単ではないから

どっちだっけもう知らねえ

行きたい方へ自分で行くぜ

リビングデッドリビングデッド

切りつけた屍を越えて

振り向かぬ 振り向けぬ

どっちにしろ道は選べぬ

顧みず仰ぎ見る明日の空

正解なんて無いくせに

正解なんて言葉を作って

己の明日さえ縛り合う我ら

女々しさも罪も不名誉も

一人懺悔したら歌になった

許されざる人らよ歌え

正しさを求めているならば

少なくとも居場所は

ここじゃないぜここじゃないぜ

間違った情動を焚べる

負け犬の蒸気機関車の旅程

くそくらえ

清廉さ潔白さも

諦めざるをえず手を汚した

取るに足らない戯言だと

見くびる傲慢どもの寝首をかく

報われない願いを焚べろ

叶わなかった夢を焚べろ

遂げられない恨みを焚べろ

死にきれなかった夜を焚べろ

絶対なんて無いくせに

絶対なんて言葉を作って

何故成せんと見張り合う我ら

劣等感も自己嫌悪も

底まで沈めたら歌になった

死にきれぬ人らよ歌え

 

***Lyrics are from third-parties***

cover
00:0000:00
Play Queue

No songs added