Isaac

amazarashi13 Feb 2019
Lyrics

アイザック (艾萨克) - amazarashi (アマザラシ)

词:Hiromu Akita

曲:Hiromu Akita

アイザック 1カートンのナーバス

哀楽 セブンスの歩幅

工業区 黒煙のキャンパス

ラングストン 一服のドラマ

品川駅が咳き込むので

着飾った女性が

背中をさすっていた

うずくまった未明通りでは

今日も犯人による犯人捜しが

憶測と出歯亀と有識者で

ぎゅうぎゅう詰めだ

悪人のくせに

悪人面する勇気すらない

恥知らずの悪人が吐いた

道徳によく似たそれは

腐敗する妄想

晩秋の訃報 猟銃の発砲

初雪が未だ逃走 十二月の東北

アイザック 1カートンのナーバス

哀楽 セブンスの歩幅

工業区 黒煙のキャンパス

ラングストン 一服のドラマ

誰かが誰かを傷つける度に

胸を痛めるなら

いつかそれが死因になる

そういう意味では優しさは病だ

誰かが吐き捨てたつばを

少なからず

僕らは踏んづけて行進するんだ

吹雪も大時化も

その先に灯りは見えずとも

やぶれかぶれに自暴自棄に

死に物狂い

鉱山の崩落による

生き埋めのヒューマニズム

希望もいつか消える

だがそれは息絶える時だ

アイザック 1カートンのナーバス

哀楽 セブンスの歩幅

工業区 黒煙のキャンパス

ラングストン 一服のドラマ

アイザック 1カートンのナーバス

哀楽 セブンスの歩幅

工業区 黒煙のキャンパス

ラングストン 一服のドラマ

 

***Lyrics are from third-parties***

cover
00:0000:00
Play Queue

No songs added