Kohaku No Yume

谷村新司

1 Dec 1977

Lyrics

琥珀の夢 - 谷村新司 (たにむら しんじ)

詞:谷村新司

曲:谷村新司

いつもと同じ一日が

いつものように過ぎた時

心の中を吹き抜ける

冷たい風は何だろう

青い春 白い秋

季節の間で

燃えつきた夏の日は

琥珀の流木

 

あゝ首すじの色とともに

少年は男に姿変えてゆく

 

背中を濡らすひとすじの

熱い命のときめきに

少女はそっと指をかみ

それから無口になってゆく

青い春 白い秋

季節の間で

燃えつきた夏の日は

琥珀の流木

あゝ黒髪の匂いとともに

少女は女に顔を変えてゆく

 

男と女になる前のほんの

わずかの一瞬を

ゆらめく心でうけとめて

二人はやがて巡りあう

青春のかがやきと

季節の間で

燃え尽きる若き日は

琥珀の幻

 

あゝ美しき出逢いの様よ

あゝ美しき決別の様よ

 

***Lyrics are from third-parties***

cover
00:0000:00
Play Queue

No songs added