Koisuru Pompadour

春奈るな2 May 2017
Lyrics

恋するポンパドール - 春奈るな (春奈露娜)

词:おぐらあすか

曲:おぐらあすか

 

夕映え照らすオレンジ

ミルクの渦とシロノワール

いつもと違うおでこの

 

微熱に戸惑って

少しは近づけたかな?

夢に溶けた君の声

 

教科書には載ってない

このキモチ教えて

 

花びら舞うあの坂道で

君と出会った

きっとあの時から

 

「ずっと君が好きでした」

 

チャイムが告げる恋の始まり

 

放課後の校庭高く鳴り響く

 

いつも通りの路面電車に

 

すれ違う二人のココロの面影

「変わらずに居れたら」

なんて夢みたいかな?

このキモチ気付いて欲しいよ

 

気だるそうにあくびひとつ

寝ぼけたまま歩く君

 

斜め後ろからそっと

視線を投げかける

いつもよりちょっと近くへ

手を伸ばせば届く距離

知らない表情で笑った

ときめく横顔

 

思いきって上げた前髪

いつもより拓いた通学路が

 

彩られて輝いた

 

チャイムが告げる恋の続きは

 

きっと気付かれない

 

秘めた片思い

 

いつも通りの窓際の席

 

「おはよう」って君の声

 

色付く教室

 

あと少し

 

数センチだけ縮められたら

 

この想い叶えて神様

 

車窓臨む公園の中

 

通り過ぎた君の影

 

フェンス越しに薄紅の花びら

 

これからも

 

好きでいてもいいですか?

 

チャイムが告げる恋の始まり

 

放課後の校庭高く鳴り響く

 

いつも通りの路面電車に

すれ違う二人のココロの面影

 

「変わらずに居れたら」

なんて夢みたいかな?

このキモチ気付いて欲しいよ

 

***Lyrics are from third-parties***

cover
00:0000:00
Play Queue

No songs added