Listen to Nisemono song with lyrics from いきものがかり

Nisemono

いきものがかり13 Feb 2008

Nisemono Lyrics

ニセモノ - いきものがかり (生物股长)

詞:只野菜摘

曲:植木瑞基

海外に似た素敌な街

行き交う人の群れは同じ

何かを搜してる样に见えなくもない

 

宵の帐に街は目觉める

不揃いの光は人を诱う

そう此处は混沌に满ちた伪物の世界

 

そう「自分らしく…」なんていう响きに浸かって

盲目的となって 气付かぬ声上げる

 

每回の口癖が心を缔め付けるわ

 

伪らざる程の理由を探して

 

步めど迷えど心の中はblue

 

远卷きに自分の姿を见て嘲笑う

 

ぞんざいな嘘に见え隐れした自分

 

长くはないわ至福の时

そつ无く熟す日常覗き

また爱想笑いの栅に冷たくキス

 

无理した振りしても世知辛い

尚更 其处にもう打つ手は无い

追忆は彼方 爱欲が此の街の常

 

冲动的と知って 其の诱惑を振り切って

ようやく立ち止まって 伪りの身と知る

 

经验や数もここじゃ绘空事 そう曰く付き

小洒落たコ一トに此の身も溶けてfly

 

永远も过去もただの绮丽事 远くなる月

 

乱れた吐息に其の身任せてcry

 

世舍て人は言う 忧いはタブ一

缲り返してる皮肉なchoice

报われないと叹くは孤独のMr.child

 

妖艳な嘘を著饰る人々の目はいつも「嫌い、嫌、嫌」

体裁をまずは缮う 其の姿に今宵も出遭い 苛苛…

境界线なんぞ二の次で

目眩く魔法が今宵も此の街に散る

 

***Lyrics are from third-parties***