Listen to Shiori song with lyrics from Soul

Shiori

Soul27 Sep 2006

Shiori Lyrics

Shiori - Soul

词:河野健太郎

曲:河野健太郎

ふと目が覚めると一人

 

夕映え照り込む部屋で

 

半分だけ開いたカーテンが

 

風に小さく揺れてる

 

何にも言わず出て行った

 

「さよなら」さえも残さずに

 

こうして一人の日々を過ごして

 

君の悲しみ触れたよ

 

読みかけの本はまだ

そのままに

ドアが開き

「ただいま」の君の声を待ってる

挟んでた栞なら

触らずに

いつでも君が

いつでも君が

続きを読めるように

そのままにいつまでも

 

差しておくから

 

君が重ねた強がりに

 

甘えてたのは僕だった

 

どうして精一杯の優しさに

気づけなかったのだろう

 

いつも君は一人

この部屋で

僕の帰りを待ち

本を読んでいたのか

寂しさに耐えられず

出て行った

 

今でも君を

今でも君を

今すぐ抱きしめて

伝えたい変わらずに

愛しているよと

 

心の中に挟まれたままの

記憶の場所から動けそうにない

僕にとって残された栞だけが

最後の希望に思えるから

読みかけの本はまだ

そのままに

ドアが開き

「ただいま」の君の声を待ってる

挟んでた栞なら

触らずに

いつでも君が

いつでも君が

続きを読めるように

そのままにいつまでも

 

待っているから

 

***Lyrics are from third-parties***