請登入

Milk

SID2006年11月8日

歌詞

Milk - シド (SID)

詞: マオ

曲: 御恵明希

それはひどく突然で

 

街角は漂う中身のない歌と

さよなら 君に流し組込み

南口は今日も汗の気配一つない

ゆっくりすり足で溶けよう

潤んだ瞳は乾いた

 

風欲しがる僕欲しがったように

 

月曜日の朝は朝食とる気しない

薄化粧の君 不機嫌に綺麗

見慣れた夢から目が覚めた後は

遠く近く 君を想う

 

詠えない詩人は書きめた留めた言葉

屆けるだけができず

 

月日はかリが流れる

 

カフェオレと呼ぶには

あまりにもミルクで

僕とは不釣合覚めえ

 

心地よい脱力 催促じゃないキス

すべてが仕組まれた…とかね

自信って言葉は自分を信じると書く

苦手なほうじゃなかった

 

飾らない君がすき 粉々になって

 

たった今の僕 気着飾って踴る

あの頃學んだ二つ三つなど

 

忘れ程の君の価値さ

 

今頃になって溢れ出す言葉

屆けることができず

 

どこかで偶然とか

 

身近でレプりカとか

 

探すことに疲れ それでもすがって

大袈裟ではなく 最愛は君で

 

二人で選んだこげ茶色のソファー

 

派手なマフラー 折れた傘も

 

懐かしめる程強くはないけど

 

手放すことはできず

見慣れた夢の続きが見たくて

遠く遠く 君を想う

 

詠えない詩人は書きめた

 

留めた言葉 屆かぬ言葉 歌う

 

戻れない日々と生きる

 

***歌詞來自第三方***