Taiyouto Himawari (Version 2016)

Flower(日韓女團)2017年4月18日

歌詞

Taiyouto Himawari (Version 2016) - Flower (フラワー)

詞:小竹正人

曲:HIROKI SAGAWA

暮れていく

オレンジに空は燃えるから

せつなさが私の胸に広がった

 

夏が終わるどうかお願い

抱きしめて體温が上がるくらいに

 

眩しく笑う太陽

それがあなたなんです

夕焼け滲んでる阪道に

ユラリユラユラと揺れる陽炎

 

あなただけが

映るきらりきらり夏模様

「好きよ」

夏が來るたびそっと

人に言えない祕密増える

 

もう

子供のままじゃいられないような

夢よりも暑いこの想い

日に焼けた素肌に觸れた瞬間

悲しくもないのにただナミダ

零れ落ちそうになるのが不思議

これが愛なら他に何も

 

要らないのあなた以外

欲しくなんてない

今年咲いた向日葵

それが私なんです

黃昏の夏空風が吹く

ユラリユラユラと淡い陽炎

 

あなただけを

見上げきらりきらり戀模様

「好きよ」

 

夏の終わりはいつも

何か失くした気持ちになる

 

少しずつ長くなる影が不安で

どうしてもあなたに逢いたい

離れていてもねえ平気なんて

そんなこと思えない私を

あなた優しく叱ってください

そして私は

もっともっと好きになる

あなただけを好きになってしまう

眩しく笑う太陽

それがあなたなんです

夕焼け滲んでる阪道に

ユラリユラユラと

揺れる陽炎

 

あなただけが

映るきらりきらり夏模様

「好きよ」

 

暮れていく

オレンジに空は燃えるから

 

せつなさが私の胸に広がった

 

夏が終わるどうかお願い

抱きしめて體温が上がるくらいに

 

今年咲いた向日葵

それが私なんです

黃昏の夏空風が吹く

ユラリユラユラと淡い陽炎

 

あなただけを

見上げきらりきらり戀模様

「好きよ」

 

***歌詞來自第三方***