default album img

Haruka

Scandal2012年3月7日

Haruka 歌詞

いつの日か葉えられる愛はキミのそばにある

約束なんていらないよねハルカ離れていても

 

うまく言えないや言葉って頼りないね

心 取り戻せてしまえば楽なのになぁ

 

覚えたばかりの歌贈るようなぎこちなさで

僕は「さよなら」の代わりに「またね」と言った

晴れた日のそらに思い出描きだすよ

ナキムシ隠したキミの優しい噓を忘れたくないや

 

涙なんて流さないよ「終わり」じゃない「始まり」さ

さみしさを分けあっても前に進めないから

何でだろう優しさっていつも後でわかるもの

キミといた日が輝いて僕は歩いていける

 

どんな毎日も現実味を増していくね

大きな腕時計に追われスリル抜けてく

 

目指したゴールは目に見えるようなものじゃないけど

転んでついた傷跡は僕、自身さ

 

夢はいつも儚いもの風が吹けば消えそうで

負けないように 消さないように大事に持っていたい

涙なんて似合わないよ どんな時も笑ってて

キミの知ってる僕でいるよ ハルカ離れていても

 

明け方のホームなんだか切なくなる

あの日はなした 君の手のぬくもりが忘れられないや

涙なんて流さないよ「終わり」じゃない「始まり」さ

約束なんていらないよね ずっと思ってるから

いつの日か葉えられる愛はキミのそばにある

きっと必ずまた出會える ハルカ離れていても

変わりゆく時のなかで あの日の君でいてね