Powder Snow ~永不停止的冬日~

三代目 J Soul Brothers2014年1月1日
歌詞

Powder Snow ~永遠に終わらない冬~ - 三代目J Soul Brothers

作詞:Masato Odake

作曲:Daisuke Kahara/SHIKATA

 

そっと觸れた指が かじかんで…

 

だからキミの肩を 抱き寄せたよ

 

ぎこちない僕のこと 隠すように

真っ白な 粉雪が 降っているよ

 

困った顔して うつむくキミは

「ごめんね」と 僕の腕から逃げたけれど

愛しいその瞳を 見つめるたびに ねえ

目を逸らしもせず 優しい

微笑みを見せる理由 教えて

 

泣きたいくらい 僕がキミを

好きになればなるほど

何故だろう キミは悲しそうだから

逢いたくても 逢いたいって

言えなくなってしまう

儚く 降り積もる Powder Snow

 

すぐ隣をキミが 歩いても

ひとりでいるような 孤獨がある

キュッと僕の心 踏みつけて

雪の道 足跡を 殘す人よ

 

色を消しながら 温もりも消して

始まった 凍える冬のこの想いを

何て呼べばいいのか 戀と片想いの

狹間にあるよな 自分じゃ

もうどうにもできないこの想いを

 

雪になって キミの空で

降り続けていたいよ

 

痛みを 埋め盡くすくらい強く

冬の空へ 吐いた息に 僕の気持ち全て

乗せたら 伝えてよ Powder Snow

 

初めて逢ったときから

キミのことが好きでした

他の人じゃない キミだけが好きで…

何でもない顔をして 笑っているけど

僕だけに降る Powder Snow せつないよ

 

泣きたいくらい 僕がキミを

好きになればなるほど

何故だろう キミは悲しそうだから

逢いたくても 逢いたいって

言えなくなってしまう

儚く 降り積もる Powder Snow

 

永遠に 終わらない冬

 

 

 

***歌詞來自第三方***

cover
00.0000:00
播放列表

未有加入歌曲