OrLog In

牧羊人之旅

AKB482012年2月15日

Lyrics

羊飼いの旅 - AKB48 (エーケービー フォーティエイト)

詞:秋元康

曲:YUMA

あの空の真ん中辺り

爪の跡みたいな

三日月が取り殘されて

白みながら夜が明けてく

いつか この場所から

動くべき時が來るよ

朝露と思い出は

永遠のものじゃなくて

過ぎてく季節の恵み

羊飼いは

旅を始める

誰にも告げぬまま

山から山へ

歩き始める

なだらかな斜面

靜かに吹く

風と光

鈴を鳴らして…

どこにある?

明日は…

どこにある?

未來は…

 

雨の日も嵐の日にも

真っ直ぐに前を向き

まだ遠い山の嶺を

目指しながら

羣れは進むよ

平坦な道など

どこにもないと知ってる

少量の巖塩と

家族への愛だけが

自分を奮い立たせる

羊飼いは

語りはしない

夢では食べられない

生きてくために

歩き続ける

先祖からの山

同じ土に

宿る想い

尊い命

屆けたい

神へ

屆けたい

祈り

 

風の中

口ずさむのは

遊牧の

愛の唄

山々に

木霊するのは

しあわせな

この旅の

ゆっくりした

時の流れ

羊飼いは

生まれて日から

心を歩き出す

 

羊飼いは

旅を始める

誰にも告げぬまま

山から山へ

歩き始める

なだらかな斜面

靜かに吹く

風と光

鈴を鳴らして…

どこにある?

明日は…

どこにある?

未來は…

~END~

 

***歌詞來自第三方***