請登入

回転

GENERATIONS from EXILE TRIBE2018年10月29日

歌詞

 

目が回った 転げ落ちた

君の得も言われぬ姿に

揺れる風景に 息を殺して

ただ君は 座っていた

目があった 転げ落ちた

笑えるような僕の崩壊

極めて君にずっと夢中で

キザにもなるってものさ

君を見つけて やっと見つけて 僕が始まる

失くしていた思いが傍にあるよ

この愚劣な季節なんて

そう お互いに

まるで冗談みたいな奇跡と呼べるかな?

まだら雲と 木々の匂いと

まどろみの笑みの君だけ

聞いてはいたんだ 素敵なこと

時には起こるってさ

目があった また転げ落ちた

笑えるような僕の崩壊

極めて君にずっと夢中で

思わず弾け飛んだ

君を見つけて やっと見つけて 僕が始まる

失くしていた思いが傍にあるよ

いつかは 終わらすさ

この愚劣な季節なんて

そう お互いに

まるで冗談みたいな奇跡に觸れたんだ

叫び出しそうなほど

君だけ見ていた僕の

正しさと 寂しさの果てに

心にきっと決めたんだ

君を見つけて やっと見つけて 僕が始まる

失くしていた思いが傍にあるよ

いつかは 終わるだろう

この愚劣な季節なんて

そう お互いに

まるで冗談みたいな奇跡に觸れたんだ

 

***歌詞來自第三方***