Itsuka Kitto

NAOTO INTI RAYMI2016年9月14日

歌詞

いつかきっと唄いたい

君と僕らの未來の歌を

 

理不盡なことばかり

 

溢れるこの世界で

 

君に巡り合って

 

光が差したよ

 

ただの気が合うヤツだって

 

思っていたけど

 

今じゃふと気づけば

いつも君を探してる

 

Ahあいつにも

楽しそうに笑うから

 

Ahもう苦しいよ

これが戀だと思い知る

 

いつかきっと伝えたい

君じゃなきゃダメなんだ

いつかきっと葉えたい

夏の空に夢描け

いつかっきっと照らしたい

君をもっともっと知りたい

こんなに不器用な俺だけど

何があっても守りたいから

 

こうやって考えている

事なんか知らずに

 

2m先でのんきに鼻歌歌ってる

 

Ah騒いでる

この心臓がうるさくて

 

Ah今なら言える

いや無理だな

 

またいつもの帰り道

 

いつかきっと伝えたい

君じゃなきゃダメなんだ

いつかきっと葉えたい

夏の空に夢描け

いつかきっと包みたい

君をぎゅっとぎゅっと抱きしめて

誰にも負けないさ

この想い何があっても好きだ

 

君とならたわいもないことも

好奇心に変えられる

君とならくだらないことでも

笑いあえるyeah

でも好きになればなるほど

こんなに臆病になる

言ってしまって全てが

壊れるくらいなら

友達のままでいい

いやでもこのまま當たり障りない

 

明日はもうごめんだ

 

中途半端な自分にもうバイバイ

 

いつかきっと話したい

あんなこともあったねと

拝啟將來のお二人様

今は幸せですかなんてね

いつかきっと照らしたい

君をもっともっと感じたい

いつかきっと唄いたい

君と僕の未來の歌を

 

僕らの未來の歌を

 

僕らの未來の歌を

いつかきっと - ナオト・インティライミ

詞:ナオト・インティライミ

曲:ナオト・インティライミ

 

 

 

***歌詞來自第三方***