收聽德永英明的Jealousy歌詞歌曲

Jealousy

德永英明1993年12月10日

Jealousy 歌詞

Jealousy - 徳永英明 (とくなが ひであき)

詞:山田ひろし

曲:徳永英明

白い背中を

 

なぞる指が

 

砂丘を靜かに

 

下りてゆく

 

夜がふたりを

 

閉じ込めたら

 

迷い込むような

 

Kissをして

 

言葉がひどく邪魔になる

 

愛の深さに

 

奪われて

 

脅えてるのは

 

本當は

 

僕かもしれないさ

 

Jealousy,

 

Jealousy,

 

Jealousy

 

聲を立てずに

 

爪を立てて

 

君は苦しげに

 

ねじれてく

 

影がひとつに

 

溶けてゆけば

 

心うらはらに

 

すれ違う

 

身體がひどく邪魔になる

 

絡まる愛が

 

ほどけない

 

途切れ

途切れに

 

僕を呼ぶ

 

聲さえ

 

じれったい

 

Jealousy,

 

Jealousy,

 

Jealousy

 

帰ることなど

 

できやしない

 

振り向けば

闇に落ちてゆく

 

君の奧へと

 

滑りこんで

 

このまま

 

何処へゆこうか

 

***歌詞來自第三方***

Jealousy 的評論

沒有其他評論