收聽化學超男子的Solid Dream (Album Version)歌詞歌曲

Solid Dream (Album Version)

化學超男子2002年11月13日

歌詞

SOLID DREAM - CHEMISTRY (化學超男子)

詞:麻生哲朗

曲:藤本和則

 

朝靄に信號待ちが長い

歩き慣れているはずの

 

交差點に立つと

 

繰り返し刷られてく街の畫の

隙間に挾みこまれてる思い出が

痛い

 

大事なモノは抱えきれず

零しても壊しても

振り向かず歩いてきてる

 

冷たい風に吹かれて

ボクの肩が手探りで

あの頃の自分に

戻りたがるみたいに

少し震えた

わかりもせずに

「強さを持て」とか

誓ってみるけど

優しい気持ちに

また鈍くなってしまってるだけ

 

捨てられない不安も

あの夢と背中合わせにあるなら

 

輝くはずなのに

 

オトナのルールを

 

何となくまとい始め

何もかも何となく

くすんでいってる

 

もうすぐ雨が降るなら

元のボクに塗り重ねられてきた

いろんな餘計なモノが

流されてしまえばいい

ガラじゃないのに

「優しくあれ」とか

言い聞かせるけど

気づけば今までより

脆くなってしまってるだけ

 

そぎ取ってはぎ落として

その後に今ボクに殘るのは?

 

もうすぐ雨が降るなら

元のボクに塗り重ねられてきた

いろんな餘計なモノが

 

流されてしまえばいい

風に吹かれてボクの影が

淡く遠く伸びてく

明日の自分のことを

確かめたがるみたいに

 

変わっちゃいけないモノを

守れるように変われたら

 

***歌詞來自第三方***