請登入

Natsuno Daisankakukankei

Fujifabric2015年6月24日

歌詞

夏の大三角関係 - フジファブリック (富士纖維)

詞:山內総一郎,加藤慎一

曲:山內総一郎

本當は二人で見てるはずだった

 

夜空弾ける打ち上げ花火

 

悲しい聲で急なキャンセル

 

気にしてないと話合わせた

 

少しモヤモヤしているけど

 

いつもの仲間よ

 

紛らわせてくれ

ちょっとしたユーモアで

 

ちょっとしたユーモアで

 

そこのけそこのけ一等賞

 

引きずる思い振り切って

 

くだらんくだらん日常が

消し飛んでしまえば

 

構わんこちとら劣等生

後先なんてどうにでも

 

何も気にせぬオレたちの

全力で向かう心

 

人ごみの中視線の先に

 

夜店に向かう君を見つけた

 

ヒヤリ冷たく背筋が凍り

 

ありえないだろ

 

この光景はなんだ

軽いその足取りの橫に

 

ただならぬムードの

 

日に焼けたお兄さん

ちょっと待て誰なの

 

ちょっと待てないかも

 

驚き桃の木きっと噓

たまらん後ろ追いかける

 

わからんわからん狀況が

焦りを押し上げる

 

渦巻く気持ちが急上昇

縮まる距離に息荒く

 

何を気にするオレたちの

全力で向かう心

 

そこのけそこのけ一等賞

 

思わず肩に手をかける

 

くだらんくだらん日常が

消し飛んでしまった

 

夜空に輝く一等星

忘れぬ夜になりそうだ

 

何を気にする夏の日の

全力で向かう心

 

***歌詞來自第三方***