Howling Diver

BLUE ENCOUNT2019年6月5日

歌詞

ハウリングダイバー (Howling Diver) - BLUE ENCOUNT (ブルーエンカウント)

詞:田邊駿一

曲:田邊駿一

最大限で吠えろよ さぁほら

本當の君がはじまる

朝焼けより先に目が覚めて

薄目で見た 山積みの焦り

やつれた不眠症のプライドを

奮い立たせる言葉探した

「あとどれだけやれば

報われるの?」

イヤホンで隠した誰かの言葉

最大限で吠えろよ さぁほら

混沌とした歴史を壊せ

ダイバー

最前線で生きろよ

まだまだ

何も始まっちゃいない

高鳴りに背を向けるな

夕焼け見透かすビルの影に

自分色の姿どこにもない

瞼にぶら下がる

透明な悔しさは

橙に染まる街へ溶けた

「數字」とか「過去」とか

「順番」で

人の価値 測れるものなのか?

奇をてらわず良き愚かであれ

比べるな 真似するな

噛みつけ 逃げるな

最大限で吠えろよ さぁほら

混沌とした歴史を壊せ

ダイバー

最前線で生きろよ

まだまだこれからさ

最難関な人生を辿れよ

平坦だった旅路を汚せ

ダイバー

最前線で生きろよ

まだまだ

何も始まっちゃいない

高鳴りに背を向けるな

高鳴りは噓をつかない

 

***歌詞來自第三方***