阪部剛

11 粉絲

小學校1年生からピアノを習い始め、中學生になるとロックに目覚める。 そのころから家にあったMacでFinale(楽譜作成ソフト)を使って曲作りを始め、作曲に目覚める。 高校では合唱部に入部し、ジャンルにとらわれずに音楽に親しみ、高校2年の冬に、もっと音楽を知りたいという動機から、音大に進學することを決意し、國立音楽大學作曲科入學。 作曲を菊池幸夫氏、飯島俊成氏、小河原美子氏に師事。ピアノを吉野弘子氏に師事。 その後、作・編曲家、佐橋俊彥氏に師事し、アシスタントをしながらミュージカル音楽や映像音楽を実踐的に學び始める。 2006年、リーダーアルバム『ピアノ・カフェ~秋の戀歌』(編曲・ピアノ演奏)をキングレコードよりリリース。好評を得て『PIANOSTYLE』(リットーミュージック刊)では、定期的にアレンジ&演奏を発表している。 2007年、アニメ「ゼロの使い魔~雙月の騎士」の主題歌「I SAY YES」で作曲家デビュー。 2008年夏、 ミュージカル「『DEAR BOYS』 vs. EAST HONMOKU」の音楽を擔當。同年秋、劇団四季の創立55週年記唸作品『55 Steps SONG & DANCE』の編曲に抜擢される。 2009年新春、舞臺『オアシスと砂漠~Love on the planet』(於:青山劇場)の音楽を擔當。本格的な舞臺音楽(ダンス・歌あり)を書き下ろし、高い評価を得る。 同年夏公演からミュージカル『テニスの王子様』シリーズの新曲の全アレンジを手掛けるようになり、その後のセカンドシーズンも引き続き擔當。 2009年12月、舞臺『パッチギ!』(於:新國立劇場・中劇場)の音楽に演出家、茅野イサム氏の推挙により、急遽の大抜擢。「イムジン河」のアレンジをはじめ、舞臺オリジナルの書き下ろしに挑み好評を得る。 その後は、アーティストへの楽曲提供、アレンジ、アニメ主題歌、舞臺、ミュージカルと次々に新作を手掛け、活動の場を拡げている。 ロック少年の原點に、クラシックの素養を持ち合わせ、ジャンルやスタイルにこだわらない作曲家を目指し、アグレッシブに活動中。

查閱更多

阪部剛 :

小學校1年生からピアノを習い始め、中學生になるとロックに目覚める。 そのころから家にあったMacでFinale(楽譜作成ソフト)を使って曲作りを始め、作曲に目覚める。 高校では合唱部に入部し、ジャンルにとらわれずに音楽に親しみ、高校2年の冬に、もっと音楽を知りたいという動機から、音大に進學することを決意し、國立音楽大學作曲科入學。 作曲を菊池幸夫氏、飯島俊成氏、小河原美子氏に師事。ピアノを吉野弘子氏に師事。 その後、作・編曲家、佐橋俊彥氏に師事し、アシスタントをしながらミュージカル音楽や映像音楽を実踐的に學び始める。 2006年、リーダーアルバム『ピアノ・カフェ~秋の戀歌』(編曲・ピアノ演奏)をキングレコードよりリリース。好評を得て『PIANOSTYLE』(リットーミュージック刊)では、定期的にアレンジ&演奏を発表している。 2007年、アニメ「ゼロの使い魔~雙月の騎士」の主題歌「I SAY YES」で作曲家デビュー。 2008年夏、 ミュージカル「『DEAR BOYS』 vs. EAST HONMOKU」の音楽を擔當。同年秋、劇団四季の創立55週年記唸作品『55 Steps SONG & DANCE』の編曲に抜擢される。 2009年新春、舞臺『オアシスと砂漠~Love on the planet』(於:青山劇場)の音楽を擔當。本格的な舞臺音楽(ダンス・歌あり)を書き下ろし、高い評価を得る。 同年夏公演からミュージカル『テニスの王子様』シリーズの新曲の全アレンジを手掛けるようになり、その後のセカンドシーズンも引き続き擔當。 2009年12月、舞臺『パッチギ!』(於:新國立劇場・中劇場)の音楽に演出家、茅野イサム氏の推挙により、急遽の大抜擢。「イムジン河」のアレンジをはじめ、舞臺オリジナルの書き下ろしに挑み好評を得る。 その後は、アーティストへの楽曲提供、アレンジ、アニメ主題歌、舞臺、ミュージカルと次々に新作を手掛け、活動の場を拡げている。 ロック少年の原點に、クラシックの素養を持ち合わせ、ジャンルやスタイルにこだわらない作曲家を目指し、アグレッシブに活動中。

隨時上JOOX欣賞 阪部剛 的歌曲!每當說到一位擁有出色歌曲和專輯的歌手時,我們一定會想到擁有 11 粉絲的阪部剛。如果你也正在尋找 阪部剛 的歌曲,那就太好了!JOOX將會為你提供 阪部剛 的MV和歌曲合輯,你必會喜歡這些歌曲!

你可能也喜歡

.