Yumenoshizuku 2006 T. M. Revolution

TrekYumenoshizuku

Artis: T. M. Revolution

Album: Undercover

Waktu rilis: 01-01-2006

夢の雫

作詞: 井上秋緒 作曲: 浅倉大介

ゆるやかな坂を抜ける

石畳の途切れる場所へ

君の顔がうまく見えない

黄昏に紛れて

 

何か言う素振りの中

何もなさに傷ついている

風に撃たれ肩を抱くのは

淋しさのせいなの?

 

港に近い 小高い丘で

想い出を探して ふたり

胸のどこかに 海が残した

消えない波音を聞いていた

 

こぼれる夢の雫よ

夜へと逃げてゆく闇に

何度も君を呼ぶけど

揺れる影に追いつけない

 

雪の降る季節じゃなく

花は色を変えるでもなく

待ってしまう 輪郭のない

はかなさの刻印(しるし)を

 

口吻にはならないように

冷たい頬だけを寄せる

街は『いつか』を『今日』に忘れて

小さな約束も許さずに

 

こぼれる夢の雫よ

心で死んでく絆が

何度も愛を呼ぶけど

君にまでは追いつけない

 

滑り落ちてゆく

言葉がせつなさの檻(おり)に

 

こぼれる夢の雫よ

夜へと逃げてゆく闇に

何度も君を呼ぶけど

揺れる影に追いつけぬまま

 

求めて与え続けた

微熱の時は過ぎ去って

想いはこぼれ散ってく

きらめきに彷徨(さまよ)いながら

 

***Lirik didapat dari pihak ketiga***

Album default
00:00/00:00
(0)